Photo by GettyImages
# 就活 # 任天堂

任天堂の「新卒採用サイト」が就活生から絶賛される理由

採用難時代のウラで、なぜ?

この3月1日より、2021年卒学生の就職活動が大々的にスタートした。「超売り手市場」が続く中、企業側はどのように学生を惹きつければいいのか。そのヒントは、SNS上で多くの賞賛を集めている、「任天堂」の採用サイトに詰まっている。

「本当にドキドキワクワクする!」「何というか仕事の全部が詰まってる」「これは…みんな任天堂で働きたくなるやつ」と共感を集めている理由を分析してみた。

総求人数の半分しか学生が来ない

例年、3月から『リクナビ』『マイナビ』など、2021年卒向けの大手就職情報サイトがグランドオープン。合同説明会や各企業の自社説明会が開催されて、就職活動が本格的にスタートする。

Photo by GettyImages

しかし、今年は新型コロナウイルスの感染が国内で広がりを見せていることから、各社とも説明会の中止・延期を決定するなど、波紋を呼んでいる。今年の就職活動にどれだけの影響を及ぼすのか、現時点ではまだ不透明だが、それを除いても、すでに企業側は大きな課題に直面している。

リクルートワークス研究所の調査では、2020年3月卒の大学生の求人倍率は1.83倍と、リーマンショック後の2010年以降で2番目の高さ。民間企業の総求人数80.5万人に対して、36.5万人の“人材不足”となっているのだ。

 

総求人数の約半分しか就職する学生がいない――。そんな「超売り手市場」の中で自社の採用活動を成功に導くために今、会社の魅力をウェブやリアルイベントの場で積極的に発信を行い、他社と差別化する「採用ブランディング」という手法が注目されていることをご存知だろうか。