「空気を読む」のがうまい人が、なぜか絶対にやらない「意外なこと」

日本人の空気を読む能力を徹底分析
中野 信子 プロフィール

脳は私服より制服が好き

ただしそれが苦しいことかと言うと、そうとも言えません。そもそも脳は、そんなに自由が好きではないからです。

みなさん、クールビズファッションが導入されたときのことを思い出してください。「どのくらいの格好まで許されるのか?」と悩まれたのではないでしょうか。

あの“悩む状態”が快適だったかというと、まったく快適ではなかったと思います。とくに男性は、多くの人が「スーツのほうが何も考えなくていいからありがたい」と言っていました。

そう、自由度が高いということは、脳にとってそれを考えるためのリソースを奪われるということでもあるのです。

スティーブ・ジョブズはいつも黒のタートルネックセーターにジーンズというスタイルでしたが、あれは賢いやり方だと思いました。

Photo by:Gettyimages

「制服が良いか私服が良いか」という論議でも同じ話が出てきます。

私服にすると、私服を選ぶために学業以外のリソースを割かなければなりません。時には選ぶ服で自分のランクが決まってきたりしますから、悩む時間も労力も膨大になってきます。

 

それをサボッて適当な服を着ると、影で「プチプラちゃん」などと呼ばれたりすることも……。考えただけでも大変ですよね。少なくとも私は制服を着てステレオタイプの学生でいるほうが絶対にいい、と思ってしまいます。