Photo by GettyImages

ガンバ大阪・遠藤保仁、40歳でも「先発出場」を続けられる理由

変わらないスタンスがある

「1」と「631」を結ぶ不思議な縁

偉大な記録に並んでも試合後の取材エリアは、いつもと同じ光景だった。

2020年のJリーグ開幕戦。2月23日、ガンバ大阪はアウェーの日産スタジアムで王者の横浜F・マリノスと対戦して2-1で勝利した。今年1月で40歳を迎えた遠藤保仁は先発フル出場を果たし、白星発進に貢献している。

Photo by GettyImages

開幕戦の連続先発を「21」に更新したことも凄いが、この日で楢崎正剛の持つJ1最多出場記録「631」に並んだ。いつもと同じように多くのメディアに囲まれ、いつもと同じように落ち着いた表情と、淡々とした語り口であった。

選手である以上、先発で試合に出たいとは思っています。それは何歳になっても変わらないですね

スタートからピッチに立ち、チームのために働き、そして勝つ。

22年前、鹿児島実業高から横浜フリューゲルス入りした彼は、いきなり開幕戦の“横浜ダービー”で先発デビューを果たした。あの日も日産スタジアム(当時は横浜国際総合競技場)が舞台。スコアもこの日と同じ2-1の勝利であった。

 

「1」と「631」を結ぶ不思議な縁に、本人も「第一歩を踏み出せた場所。巡り合わせがいいのか……」とちょっぴり表情を崩した。

もし試合でいい働きができなかったら、勝利に結びつけられなかったら、先発の座はきっと安定しない。

彼はフリューゲルスでも京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)でも、日本代表でも、そして2001年に移籍して20年目に入るこのガンバでもそれはずっと変わらないスタンスだ。