Photo by iStock

「権利関係の入り組んだ土地」にしないために…不動産相続の落とし穴

税理士の意見でも鵜呑みは禁物
他人事ではない不動産の相続トラブル。とくに子どもたちの間でトラブルになりやすいのが、「権利関係の入り組んだ土地」だ。なぜ、こうした複雑な土地が生まれてしまうのか? 解決するにはどうすればよいのか? 『税理士が知らない不動産オーナーの相続対策』で知られる専門家集団、「財産ドック」が実例とともに解説する。

トラブルを回避するために

神奈川県川崎市にお住まいのLさんのケースです。Lさんは80代で、ご主人が亡くなられてからは息子さん夫婦と一緒に暮らしています。近くには嫁いだ娘さんの一家も住んでおり、家族仲は良好です。最初は、単純に土地の売却についてのご依頼でした。

Photo by iStock

Lさんは地元でも有数の地主で、Lさんのご主人が生前の頃からのお付き合いのある方です。非常に多くの土地を持っているLさんですが、固定資産税が高い割に収益化できている土地が少なく、そのような不良資産となってしまっている土地をどうしたら良いか考えていらっしゃいました。

Lさんは賃貸経営はあまり好きではないということもあり、ご自身がお持ちの老朽化したアパートを建て替えるよりは、その敷地を売却して、今後の生活資金や将来の相続税資金として現金化しておきたいとの明確な希望をお持ちでした。

さらにLさんは、ご自身に万が一のことがあった場合に、子どもたちのトラブルの元になることだけは絶対に避けたいと思っており、相続対策の一環としても不動産を問題のない形に整理しておきたいと考えていました。

Lさんの義父が亡くなった際に、相続が原因となって親族内で大きく揉め、それが非常に辛い思い出となっていたため、ご自身の相続のときには、そのときのようなトラブルにはならないようにしたいと強くお話しされていました。

Lさんからご相談いただいた土地は約1000㎡あり、もともとはLさんの義父が所有していた土地でした。そして、義父が亡くなった際にLさんのご主人が相続しました。しかし、この土地の上にあるアパートのうち一棟と戸建ては、Lさんにとっては義弟にあたるXさんとYさんがそれぞれ相続していました。

 

事情をお聞きしたところ、XさんとYさんは未婚でお子さんがいなかったため、「どの道、自分たちが亡くなったあとはLの子どもたちに相続させるので、ここは自分たちに相続させてほしい」と主張し、ご主人は弟さんたちの生活のことを考えてそれに応じたということでした。そのため、土地はLさんのご主人、二つの建物はご主人の弟さんたちが相続することになったそうです。