ベビーカーで散歩させたい…最愛の子を喪った母親の願いが叶うまで

死を見つめる仕事「エンバーミング」
小泉 カツミ プロフィール

残された人を救う

その赤ちゃんは、先天性の呼吸器疾患で奇形があり、生まれてからずっと病院のNICUで治療を受けていた。そして生後約10ヵ月で、短い生涯を閉じた。

生きて帰ることのなかった自宅には、赤ちゃんのために揃えられた新しいベビー服やベビー用品が、むなしく置かれていた。両親、特に母親のショックは大きく、葬儀社から真保さんに「何とかしてあげられないか」という相談があったと言う。

「そこで、ご自宅で、赤ちゃんと少しでも一緒に過ごす時間がもてるようにと、エンバーミングを行うことになったのです。1週間くらい一緒に生活できました。お母さんからは、お風呂に入れていいか、ベビーカーで公園を散歩できないかとか、いろいろなことを聞かれました。今までできなかった普通の子育てをすべてやりたかったのだと思います」

遺体である限り、やれることとやれないことがある。それでもたった1週間とはいえ、親子の日々の記憶を作ることはできた。きっと、いくぶんかは穏やかな気持ちで赤ちゃんとお別れができたのだろう。

 

保全は50日というルールのなかで

IFSAでは、「エンバーミングした国内の方の保全は50日」というルールを決めている。

「基本的に、エンバーミングは葬送のお別れを目的としているので、そのあともずっと……ということはありえません。なかにはこのまま保全しておきたいという方もいらっしゃいますが、それはできません。そのまま放置して、何かあったときにはトラブルになります。日本でのエンバーミングに関する法律はまだありませんから、そこは律して、ルールを守っていただくことが、施術の条件なんですね」