Photo by iStock

「キモい」がいじめっ子と差別主義者の口グセになった「根深い原因」

私たちはこの感情を克服する必要がある

排除のために使われる言葉

「キモい」という形容詞がある。

この言葉は、差別や偏見、迫害、イジメのシーンにおいて人々の口から発されることが多い。日本では1990年代以降、若者言葉として人口に膾炙するようになり、いまでは日常語になっている。英語でも “disgusting” や “gross” といった表現がほぼ同じ意味の口語として、人間に対してもよく使われている。

筆者は、この「キモい」という言葉・感情は、現代社会をネガティブな方向へと衝き動かす巨大な動力源のひとつになっているのではないか、と考えている。

現代社会の建前は「社会的包摂(=ソーシャル・インクルージョン)」だ。これは、ソサエティやコミュニティの中で弱い立場にある人(=社会的弱者)をもふくめ、一人一人を社会の網から排除することなく孤独や孤立から救い、一員として取りこんでいこうという考え方だ。

しかし実際には、このようなスローガンと真っ向から対立する「キモい」という言葉が、しばしば対人関係において使われる。そして「キモい」という言葉は、単なる悪口というだけでなく、排除と迫害を正当化するような響きさえ帯びている。一体なぜだろうか。

本稿では、この「キモい/気持ち悪い」という感情についての理解を深めていきたい。まず理解することなしには、その対処に努めることはできないからだ。

Photo by iStock

「病気を避ける」働きが起源?

「キモい」を専門的にいうと、「嫌悪/disgust emotion」と呼ばれる感情システムによる心的作用、となる。

日本語の「嫌悪感」という言葉からは伝わりにくいが、英語のdisgustingとは、単なる「イヤだ」という感情のことではない。この言葉には「吐き気を催す」「胸がムカつく」「不潔」「グロテスク」「気持ち悪い」などの複数のニュアンスが含まれている。

人間の感情を研究テーマとする学術分野においては、この「嫌悪/disgust emotion」とはもともと〈疾病回避/disease avoidance〉のために進化した感情システムであるという考え方で多くの研究者が一致している。*1

 

筆者の前回の記事「新型コロナウイルスで『黄色人種警報』を信じた人々の『差別の深層』」でも触れた通り、「キモい」の正体とは、病原菌を避けるために人間の心に備わった感情であったのだ。どういうことか。すこし詳しく解説しよう。