新型コロナで大打撃、これから中国経済を襲う「最悪シナリオ」の中身

ショッキングな数字は出る。しかし…

桁違いの新型コロナウイルス金融対策

新型コロナウイルスの感染拡大に呼応し、中国は総力戦で支援策に取り組んでいる。下記に示されている通り、2月に入ってからの20日間で、中国人民銀行は、実に早急で、かつ巨額の金融緩和策を取ってきた(図表1)。加えて、財政政策拡大への可能性も報じられている。

また、これらに呼応して、民間の金融機関も相次いで、融資や、支援のための社債発行を行い、企業の金融支援を行っている(図表2)。これらのスピードも規模も、日本などの危機対応に比べて圧倒的に早くかつ大規模である。2月11日、中国の国営テレビで現在の緊急融資の様子が報じられた。そこで報じられた新規融資実行までの所要時間はわずか2時間だった。

監督当局も、通達や指導で後押しする。新型コロナウイルスの影響が深刻な湖北省では、疫病の影響で不良債権が増えても銀行の責任を問わないとし、企業の円滑な資金調達を側面支援する。北京市は大手銀行に対し中小企業向け融資を20%以上増やすよう求め、貸し剥がしなどがないよう通達した。官民を挙げて、まずは足元の資金繰り支援を優先しているという印象だ。

 

しかし、こうした融資のリスクは、当然、通常時よりも高い。しかも、SARS流行の2002年~03年と違って、今回は都市の封鎖など大規模な対策を取っている。

このため、生産のストップや外出制限などによる一時的な成長率の低下度合いはSARSの時よりもはるかに大きいとみた方がいい。一時的な資金繰りが確保できても、売り上げが全く上がらなくなってしまった企業が、どこまで維持できるのか不透明感はぬぐえない。