Photo by iStock

マンション売却でトクする「仲介会社との駆け引き」まさかの方法

業者ナシでマンション売却体験記(7)

ネットで売る前にやるべきこと

不動産仲介業者に頼らず、ネットでの「セルフ売却」で中古マンションを売った筆者の体験を語ってきた本稿では、これまで一貫して「セルフ売却」の魅力を中心に伝えてきた。しかし当然このサービスにもデメリットや弱点がある。それらに触れないまま単なるお勧め記事にしてしまうのは読者に誤解を与えることになり、筆者の本意ではない。

そこで最終回では、「セルフ売却」の弱点を明らかにした上で、その克服法について紹介することで連載を締めくくりたい。

Photo by iStock

本連載では以前、自宅の売却を考えている人が、インターネットで複数の仲介業者に一括簡易査定を申し込むとどうなるかを紹介した。まず紙(または電子データ)で結果が届くものの、「正確な査定は訪問しないとできません」という名目でメールや電話で訪問査定を催促され、いざ家に上げると「ぜひうちだけに(=専任媒介契約で)仲介をお任せください」としつこくお願いされる、という流れになるのだった。

もしあなたがそれを面倒だと感じるならば、もはや一括簡易査定を受ける必要などなく、最初から「セルフ売却」一択でいいじゃないか!と思われるのではないだろうか。インターネットで査定が完結して、業者から売り込みも受けずに済むのだから。

 

確かにそういう選択肢はあると思う。しかし筆者の経験からいうと、あまりお勧めしない。逆説的に聞こえるかもしれないが、「セルフ売却」を利用して売却を成功させたいならば、多少面倒でも「セルフ売却」利用開始前にいくつかの仲介業者と接点を持っておいた方が、結果的に「セルフ売却」をうまく使いこなせると考えるからだ。

最新鋭のAI技術を駆使した「おうちダイレクト」といえども万能ではないし、一般の仲介業者と接点を持たないと絶対に得られない情報が現場にはいろいろある。その情報格差こそが「セルフ売却」で高値売却を目指すにあたっての最大の弱点なのである。