Photo by iStock(写真はイメージです)

ネットで自宅マンションを売り出したら、トントン拍子すぎて驚いた話

業者ナシでマンション売却体験記(5)

気軽に始められ、止めるのも自由

不動産仲介業者に頼らない中古マンション売却体験談の第5回は、いよいよ「おうちダイレクト」の「セルフ売却」に物件情報を新規登録し、売り出しを開始してからの顛末である。

運営側から審査完了の連絡をもらった後、いよいよ掲載(売り出し)開始ボタンを押す。初めてのことなので、もちろんワクワクドキドキ感はある。しかし、絶対いけるぞ! という確信はない。

その理由は前回も書いたとおり、ヤフーが運営しているとはいえ認知度は決して高くなく、物件を掲載したとして、実際に成約につながるかどうか半信半疑の面があったからだ。

Photo by iStock

筆者の売却理由は自宅の買い替えのためではなかったから、資金面で売り急いでいたわけではない。そのため、順調に売れなくてもそれほど困るというわけではなかった。しかし賃貸マンションへの転居計画は立てていたから、掲載してみて1カ月以上何も音沙汰がないようなら、「実験的利用の終了」と称して「セルフ売却」から撤退することも念頭に置いていた。

というのも、既に訪問査定を受けていた仲介業者の一つから、訪問査定後も熱心に「売り出す決意を固められたらぜひうちに(専任媒介で)お任せください」と継続して声をかけられていたためである。

これに対して筆者は、「両手取引の問題とか、いろいろ気になるんですよね」としきりに牽制したり、「売却を急いでいるわけではないのと、いざ見学を受け入れられる状態にもないので、準備が整ったら仲介を頼むかもしれない」と言い訳しながら引っ張り続けていたのだ。

こうした状況もあり、筆者はいつでも他の仲介業者へ乗り換えられるルートを確保しておきつつ、まずは「セルフ売却」利用を始めたわけである。

 

そんな二股をかけるようなやり方をして大丈夫なのか、と疑問をお持ちの読者もいらっしゃるかもしれない。だが、全く問題ない。これまた「セルフ売却」ならではの特徴・メリットの話になるが、気軽に始められるだけでなく、いつ利用を止めるかも原則として自由だからだ。