新型コロナ、安倍政権の「ヤバすぎる危機管理」を世界はこう報じた

日本経済のリセッションも懸念される
飯塚 真紀子 プロフィール

「専門の政府機関がない」

海外メディアは、クルーズ船内での隔離策の甘さを非難している。

米紙ニューヨーク・タイムズは、クルーズ船内で感染拡大が起きた理由について、日本には専門機関が欠如していると言及。

「問題が起きた理由として、必ずしも感染症を専門としていない役人が対応しているということがある。日本には、疾病予防を専門にした政府機関がないのである」

専門家との連携に欠く官僚が主導して危機対応を行っていることを問題視しているのだ。

 

同紙は、福島第一原発事故時の日本の危機対応を研究したテンプル大学社会学教授のカイル・クリーヴランド氏の発言を交えて、日本の危機管理対応がフレキシビリティー(柔軟性)に欠く点も批判している。

「日本は、時に、自分の能力の犠牲者になる。日本はあらゆる点ですべて機能しているし、良く構造化された、機能的社会だ。しかし、レールから外れた時でも、日々行なっている通常のプロセスで十分だと考えてしまうところがある。しかし、特別な状況では、特別な対応が求められるのだ」

どんな時にもマニュアル通りに対処しようとする日本の体質が、今回の危機対応で、改めて浮き彫りにされてしまったようである。