photo by gettyimages

稲垣は笑う? 元日本代表が語る「ラグビーW杯メンバー」のマル秘話

動画「ラガーマントークショー」第1回
2015年ラグビーW杯日本代表・真壁伸弥によるラグビー解説動画「ラガーマントークショー」がスタート! 今回の話題は「2019年ラグビーW杯の日本代表メンバー」。一躍、時の人となった「桜の戦士」たち。実際に体をぶつけ合った真壁さんだからこそ分かる、代表メンバーの強さや知られざる裏話を紹介します。

(※本稿は動画を記事としてまとめたものです)

稲垣はよく笑う

稲垣啓太選手 写真/gettyimages

2019年はラグビーW杯が非常に盛り上がりました。日本に感動をもたらしてくれた代表選手たちとの思い出を少し話していきたいと思います。

まずは左プロップ稲垣啓太選手。これを言ったら営業妨害になるかもしれないけども、彼はよく笑う。何度も同じ部屋になっていたので分かります。なぜ、ああいうキャラが出来上がったのか、俺にも分からない。自分で作ったのかな(笑)。でも、気さくですごくいいやつです。ニュースになってる通り、オシャレで、家もキレイで、最近じゃラテアートの練習もしてるらしい。見た目とぜんぜん違うよね。

堀江翔太さんはとても真面目な人。あんなおちゃらけた髪型してる割に、根はすごく真面目です。自分の体にあった食べ物やアレルギーなど食べ物を徹底的に調べて、自分に合ったものしか口に入れません。本物の「アスリート気質」の選手。尊敬しています。

 

右プロップの具くん(具智元選手)はとにかくスクラムが強い。僕はロックのポジションとして、歴代いろんな選手とスクラムを組んできましたが、具くんほどロックとしての仕事をサボれた人はいない(笑)。一人でスクラムを組んでも大丈夫なんじゃないかなと思うくらいです。

スクラムというのは、ロックが力を出して押す、車でいう「エンジン」の役割。フッカーはどっちに進むかを決める「ハンドル」、プロップは「タイヤ」みたいなものなんですよ。残念なことに、あまりスクラムでロックが称賛されることはないんですけども、実はロックがすごく押している。でも、具くんの場合は、僕らが押すのを少しサボっても、スジが凄いから一人で押せてしまう。

これは元日本代表の畠山健介選手も含めて、他のどのプロップでも経験したことがないです。しかも、彼はあんまり押してなくても「カベさん、いい押しでした!」って言ってくれる(笑)。いまだに「真壁さんの押しが一番すごかったです」と言ってくれるいいヤツなんです。