〔PHOTO〕gettyimages

新型コロナが「官邸に最接近していた」というヤバすぎる現実

総理番記者の自宅待機から分かること

官邸記者たちが大混乱

2月17日、共同通信の社員10人が1月下旬から2月の上旬にかけて、新型コロナウイルスの陽性反応が出たタクシー運転手の運転するハイヤーに乗っていたと報じられた。10人は現在、自宅待機中だという。

永田町ではこの日、「共同通信社員の10人の中には、官邸番の記者が含まれており、そのうち1人は総理大臣の番記者」という衝撃の情報が広がった。

総理が新型コロナウイルスに感染しかねない危機的状況のなかで、一体何が起こっていたのか。現場の官邸記者たちの混乱ぶりをレポートする。

〔PHOTO〕iStock
 

他社の官邸記者らが語る。

「17日の午前中に、共同通信キャップから現場の官邸記者のところに、“新型コロナウイルス陽性反応の出た運転士のハイヤーに共同通信職員10人が乗っていた。その中に総理番をしていた女性記者が含まれている”という連絡が届いたんです。

その様子を見ていた各社も騒ぎ出しました。共同通信に確認してみると『事実です』という話になって。『それなら、紙を張り出してちゃんと情報開示したほうがいいのでは?』とある社が言うと、共同通信側は『張り出すことは今のところ考えていません。問い合わせが来たら、各社個別に対応します』というだけだった」

別の官邸記者は怒りを顕わにする。

「私たちは政治家、官邸を取材している立場。こちらから感染させてしまうのは大問題です。新型コロナウイルスの濃厚接触者、さらには自社の記者ということで共同通信が情報管理にことさら敏感になってしまう気持ちはわかりますが、予防のために他紙の私たちにも情報は必要です。なのに、必要な情報が出てこないからみんなイライラしていました」