〔PHOTO〕iStock

「揺さぶり虐待」を疑われた夫妻が語る「地獄のような5年間」

無罪判決から見えてきたこと

相次ぐ逆転無罪判決

ひとたび起訴されれば有罪判決を受ける確率が99.9%という刑事裁判において、無罪が続出する異常事態が起こっている。脳に出血などが見られた乳幼児が「SBS(揺さぶられっ子症候群)」と診断され、保護者が虐待を疑われたケースだ。

SBSとは、乳幼児の体を強く揺さぶることで脳に引き起こされる重篤な症状のこと。場合によっては死に至ることもあるとされ、親の虐待が疑われることが多かった。しかし、この理論は諸外国ではすでに「仮説」に過ぎないとされ、日本でも専門医から安易な診断に批判の声が上がっている。

2019年10月、2020年1月、そして2月6日に大阪高裁で、このSBSに関わる3つの事件について、逆転無罪判決が下された。翌2月7日にも東京地裁で無罪判決が下され、SBS理論を根拠にした訴追の危うさが明らかになりつつある。

大阪高裁(筆者提供)
 

そんな中、大阪高検は2月19日、大方の予想に反して上告をおこなった。高裁の判決で、「(検察側の)医師の見解には厳密な審査が求められる」など、検察側の証人の信ぴょう性が徹底的に否定されたにもかかわらず、である。弁護側は、SBS理論で有罪にこだわり続ける検察官の姿勢に強い憤りをあらわにしている。

以下では、落下事故にもかかわらず、「生後間もない我が子を強く揺さぶった」として殺人未遂容疑で逮捕された一人の母親・井川京子さん、忠雄さん夫妻(ともに仮名)へのインタビューを掲載する。2月6日に無罪判決が下された事件の当事者だ。

無実の罪で子どもたちと引き裂かれ、被告人として刑事裁判の法廷に立たされた彼女が、苦しみの中にあった5年の歳月を夫と共に振り返り、SBS(揺さぶられっ子症候群)事件の取材を続ける筆者に語った。