〔PHOTO〕gettyimages

賛否両論…岩田教授の告発騒動に見る、日本の深刻な「構造的問題」

私はあの行動を強く支持する

賛否両論…岩田健太郎氏の言動

中国で発生し世界的に猛威をふるいつつあるコロナウイルス感染症について、日本における水際作戦が不適切だったのではないかという疑念が抱かれている。

特に、横浜港に停船を指示された大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号には、乗客と乗務員を合わせて約3700人が乗船していたが、その船内で行われていた感染症対策に不十分な点があり、感染の拡大を防止できないものであった可能性を、感染症の専門医である岩田健太郎氏が船内に入り、その様子についての動画を公開しつつ指摘したことは、世界中からの注目を集めることになった。

その動画は、「船内の感染対策がその後に改善され役割を果たした」という理由で、岩田氏自身の手によって削除された。一連の岩田氏の言動については賛否両論があるが、私は氏の言動を強く支持している。本稿では、その理由を説明していきたい。

岩田健太郎氏のYouTube動画(現在は削除)より
 

日本社会の構造的問題を乗り越える

私が岩田氏の一連の言動を支持する一番の理由は、それが「日本的ナルシシズム」と呼んでいる日本社会の構造的問題を乗り越えるための、非常に重要な貢献であるからだ。

もちろん、今回のコロナウイルス感染症に対する日本の対策の質を高めたという点でも重要であるが、発表されている氏の発言を読む限りでは、その射程には日本社会の構造的な病理を乗り越えることも含まれていたと考えることは妥当である。