ハンディを感じさせない動物の不思議な力

友森玲子さんが主宰しているボランティア団体「ランコントレ・ミグノン」には、多くの保護猫・保護犬・保護動物がいます。その中には、事故や病気などで、ハンディを負った動物たちもいます。

目が見えない、足が不自由、排せつがちょっと苦手、ハンディもいろいろあります。でも、みんなそのハンディを感じさせない子たちが多く、動物の力に驚きます。飼育は大変な場面もあるかもしれませんが、それ以上にいろんなことを教えてくれます。

撮影/山内信也
名前:コロリくん
年齢:もうすぐ3歳
性別:男の子
性格:超甘ったれ男子。撫でてもらうのが大好きで、スリスリゴロゴロが止まらない

子猫のとき、両眼にトラブルが出てしまい、やむなく両眼を手術で摘出しました。最初は、目が見えないので、水皿やごはん皿にダイブしていましたが、位置を決め覚えたら、それからはその部分を避けて動くなど、天才的な能力を発揮します。

ヒモ遊びも大好きで、人も大好き。誰よりも早く音を聞きつけて、ご挨拶もしてくれます。目がないということ以外は、とっても健康で元気です。

妹のポロリも両眼がないけれど、同じように元気です。撮影/山内信也

コロリくんと家族になりたい方は、こちらの譲渡条件をお読みください。

SNSで話題の「#とろねこチャレンジ」あなたも参加してみて!

毎年、全国で3万頭もの猫が殺処分されています。その数は、保護される犬の4倍もの数になります。今回、花王×コンテンツスタジオCHOCOLATEが、気持ちよく寝ている猫の写真をtwitterやInstagramに投稿するだけで、1投稿につき10円が保護団体(友森さんの団体「ランコントレ・ミグノン」)に寄付されるというキャンペーンを4月30日まで開催中です。ぜひ、ご参加を!

詳しくはこちらを『#とろねこチャレンジ』