「保護猫はしつけがしにくい」ってことはありません

友森玲子さんが主宰しているボランティア団体「ランコントレ・ミグノン」。災害や飼育多頭崩壊、飼育放棄など、さまざまな理由で保護された動物たちがたくさんいます。

よく「保護された犬や猫は、なつきにくい」「しつけができてないから飼いにくい」と言われる方がいますが、そんなことはありません。保護されるまでの間、不遇な環境できちんと飼育されてこなかった子もいますが、シェルターでは、ボランティアさんたちが愛情を持ってケアし、少しずつ学習もしていきます。時間がかかる子はもちろんいますが、その子なりに上手に生活できるようになります。

撮影/山内信也
名前:くさびくん
年齢:7~8歳
性別:男の子
性格:元気一杯!いつでも全力で甘え尽くすタイプ

ゴミ屋敷で生まれ育ち、トイレもその辺で、というアウトローな生活を送っていました。でも、保護されてから、ボランティアさんたちが根気強くトイレトレーニングをして学習。いろんなことをボラさんたちから教わりました。誉めて伸びるタイプです。

くさび型の特徴的な前髪、黄色のまん丸おめめ、むっちりお腹、スカンクみたいなしっぽと外見もなかなか個性的。スリスリも強めで、愛情深い猫です。今ではシェルターの人気ものです。

アトムっぽいともいえるユニークな髪型。撮影/山内信也

くさびくんと家族になりたい方は、こちらの譲渡条件をお読みください。

SNSで話題の「#とろねこチャレンジ」あなたも参加してみて!

毎年、全国で3万頭もの猫が殺処分されています。その数は、保護される犬の4倍もの数になります。今回、花王×コンテンツスタジオCHOCOLATEが、気持ちよく寝ている猫の写真をtwitterやInstagramに投稿するだけで、1投稿につき10円が保護団体(友森さんの団体「ランコントレ・ミグノン」)に寄付されるというキャンペーンを4月30日まで開催中です。ぜひ、ご参加を!

詳しくはこちらを『#とろねこチャレンジ』