男性4人に1人が不倫・浮気…その大きすぎるリスク

不倫に抱く「モヤモヤ」の正体
トイアンナ プロフィール

弁護士の先生「100~300万円が相場です。不倫の結果、どれくらい夫婦生活に支障が出たかで額が変わります。たとえば別居に至った、離婚した、などの結末を迎えた場合は慰謝料が高くなる傾向にあります。

100~300万円は総額で、不倫したパートナーと、相手になった人が払う合計額です。ですので、それぞれに300万を請求できる、というわけではありません」とのことだ。

 
〔PHOTO〕iStock

たとえば、あなたが結婚してから2人と同時に不倫したとしよう。

それが一気にバレたら、さすがに離婚されてしまうかもしれない。そうなると、支払い能力にもよるが600万円の慰謝料請求をされる恐れもあるわけだ。

さらに、あなたの稼ぎが相手より多ければ、相手は別居・離婚の話し合い期間中も収入差分(婚費)を請求できる。

「バレたら離婚」というリスクは不倫カップルを燃え上がらせるだけかもしれないが、「300万円+婚費」と実際の金額を考えると、冷静になれるのではないだろうか。