35歳男性を襲う「結婚の壁」…不妊と未婚の“決定的なリスク”

10人に1人が結婚できないという現実
トイアンナ プロフィール

ここからは筆者の主観だが、特にモテてきた男性ほど、年下女性を求める傾向が強い。というのも、彼らは年下女性と恋人関連にはなれるからだ。

「恋愛で相手にしてもらえる、つまりモテるから結婚相手にもなるだろう」ととらえても、結婚相手としては範疇外にされてしまう。女性はあまりに年上の男性との結婚は親の介護や男性不妊リスクを踏まえて考えるからだ。

男性不妊については、当事者の男性よりも女性のほうがずっと詳しい。男性が出産をふまえて35歳以上の女性を避ける傾向があるように、女性も35歳以上の男性を結婚相手とはみなしにくいのだ。

 

まずは妊娠力チェックを!

いますでに35歳を超えているのなら、あるいは35歳を目前にしているのなら――。結婚したい方は、すぐに婚活を始めることだ。今日が人生で一番若い。頭を抱えて「どうせ無理だ、でも、結婚したい」と悩んでいるだけでさらに年を取るなら、元も子もない。

そして、男性も妊娠力チェックをしておきたい。結婚する前に自分の現状を知っておくほうが、「結婚するか否か」「子供を作る前提で婚活するか」など、将来設計もしやすくなる。