35歳男性を襲う「結婚の壁」…不妊と未婚の“決定的なリスク”

10人に1人が結婚できないという現実
トイアンナ プロフィール

35歳オーバーの男性は「結婚対象外」

女性は、年上男性を結婚相手に好む。これは長年信じられてきた「神話」だった。しかし、7割の女性は年齢差±3歳の相手と結婚する。7歳以上年上の男性と結婚する女性は11%しかおらず、しかもこれはお見合い結婚の減少と比例して下がっている。

つまり、これまでも年上男性は「モテる」から結婚できたのではなく、お見合いで結婚できていただけだったのだ。恋愛結婚、あるいは自分で相手を選ぶ婚活が主流になれば、年上男性が一切モテなくなる日も近い。シンプルに「年上男性は結婚対象外」なのである。

 

ただし、この前提にある「年上男性と年下女性の結婚」を壊せば、話は別だ。男性が同年代の女性とマッチングすれば、結婚できる可能性は上がっていく。

しかし、データを見ると35歳以上の男性も多くは25~33歳の女性を求める傾向にある。35歳ぴったりに婚活を始めればギリギリ女性の±3歳差で32~33歳の女性と結婚できるが、加齢とともに可能性はどんどん下がっていくのだ。

32~33歳の女性は同年代・年下男性と出会うチャンスも多い。「年収2,000万円以上」のような経済力がないと、太刀打ちできないのである。テレビなどではよく、無謀な年収を男性へ求める婚活女性が笑いものになっている。だが、男性も無謀な年齢差を求めがちという意味では同じ立場だ。