〔PHOTO〕iStock

35歳男性を襲う「結婚の壁」…不妊と未婚の“決定的なリスク”

10人に1人が結婚できないという現実

「35歳の壁」という言葉は、転職しづらくなる年齢の指標として使われている。35歳は、新卒で就職すれば浪人などの事情があっても職歴10年を超える時期。職務にも専門性が出てくることから、他業界や異なる職種への転職が難しくなるとされている。

しかし、35歳の壁はキャリアにのみ襲い掛かるのではない。35歳を超えた男性は、子供を持てる可能性、そして結婚できる可能性がガクンと下がっていく。今回は特に男性が見逃しがちな「男性不妊」「生涯未婚」のリスクを深く掘り下げていこう。

〔PHOTO〕iStock
 

35歳を過ぎると、男も子供が作れない

2月18日に、産経新聞社主催「夫婦で妊活セミナー」が開催された。そこで順天堂大学の辻村晃医師が登壇し、男性不妊の3大リスク要因を提示した。そのうちのひとつに「加齢」が明記されていたのだ。

あまり知られていないことだが、男性も加齢とともに「妊娠させる力」が低下する。具体的には精子の数が減り、動きも鈍くなる。さらに日本生殖医学会によると、妊娠できたのちも男性の年齢によって流産のリスクが上昇するとわかっている。45歳以上の男性は、25歳の男性より約2倍の確率で子が流産しやすくなるという。