『人造人間キカイダー』(東映ビデオ株式会社HPより)

『8時だョ!全員集合』黄金期の裏番『キカイダー』の今なお残る鮮烈さ

ハワイに定期的にファンが集う

ハワイでは今も人気ナンバーワン

1971年に始まった特撮ヒーロー番組『仮面ライダー』シリーズ(NET、現テレビ朝日)は誰でも知っているだろう。では、同じNETで1972年から翌73年に放送された同じく特撮ヒーロー番組『人造人間キカイダー』(土曜午後8時)は御存知だろうか?

米ハワイでも1974年に『KIKAIDA』のタイトルで放送され、大人気に。繰り返し再放送された。その人気は今も衰えず、2001年からまた再放送が始まった。その後、今でも定期的にファンの集いが開かれてるという。主人公のジローに扮した伴大介(72)が集いに参加すると、場内は熱狂の渦に包まれる。日本の特撮ヒーロー番組の多くがハワイでも放送されているが、『キカイダー』は断トツの人気ナンバーワンなのだそうだ。

『人造人間キカイダー』DVDより
 

日本でも特撮ヒーロー番組のファンやマニアの間での評価が高く、語り継がれている『キカイダー』。その誕生の背景には、テレビマンたちの熱い挑戦心や冒険心があった。あのころを振り返ると、今のテレビが失ってしまったものが見えてくる気がする――。

『キカイダー』が生まれた1972年は動乱の年だった。今太閤と呼ばれた故・田中角栄氏が総理になり、日中国交が回復し、連合赤軍あさま山荘事件が起きた。

一方、テレビ界はというと、お化け番組とすら呼ばれるほど高視聴を誇っていたのが、TBSのバラエティー『8時だョ!全員集合』(土曜午後8時、1969~1985年)。同年、この厚い壁に挑んだのが、NETの『人造人間キカイダー』とアニメ番組『デビルマン』(同8時30分)なのだ。

『全員集合』の視聴率は30%を超えることもあった。他局はそろって惨敗状態。同じバラエティーでは勝負にならないと踏んだのか、日本テレビは同年、『全日本プロレス中継』をぶつけた。故・ジャイアント馬場さんの黄金期だった。だが、故・力道山さんがいた1950年代の全盛期とは違い、プロレス人気は国民的とまでは言えず、視聴率は伸び悩んだ。