新しい世界に飛び込んで

――それからこの道でやっていこうと決心するまで、どのような経緯があったのですか?

自分がやっているDIYを2011年からブログやSNSで発信したら、まずブログが人気になりまして。そのおかげで2015年に本を出すことになり、本を出したら、企業さんからワークショップやイベントなどの依頼を頂けるようになったのです。

そこでこれは仕事にしていこうと心に決めました。そしてDIYクリエーターという肩書を自分で考えたんです。

アトリエにはDIYの道具がずらりと並ぶ

――DIYクリエーターとは、自身で考え出したお仕事だったのですね。新しい世界に入って、苦労していることはありますか。

お仕事を頂く入り口がブログとSNSなので、常に新しいものを追い求めて、発信していかなければならないところですね。

私のようにフォロワーで注目していただいているインフルエンサーとしては、その数が減るとお仕事もなくなってしまうのではないかという恐怖もあるので、常に自分が新たに何をするべきかを考えています。

それは企業では当たり前のことだと思いますが、一人でやっているので、苦労に感じることが多いのです。