photo by gettyimages

発達障害の子が「反社会的」なのはなぜか?

ADHDの息子を見て考えたこと

凶悪犯罪と関連づけられることも多い「発達障害」。でも、本当に発達障害が非行や犯罪の原因なんでしょうか?

ADHDの息子を持つ母親がちょっと考えてみました。

「ルールって、守ればいいこともあるじゃん」

漫画家のかなしろにゃんこ。です。ADHDと軽い自閉スペクトラム症がある息子・リュウ太を育てています。

リュウ太は、物心ついたころから自由奔放なヤツでした。21歳になった今でも、規則に縛られるのが大キライ。「ルールくそくらえ」で生きています。

  ルールなんて、くそくらえ!  illusutration by gettyimages

「反社会的な性格なのかな?」

そう思う方がいるかもしれませんが、社会人として働くようになった今は遅刻せずに出勤し、上司の命令を守りつつ会社で問題なくやっています。

小学校時代はさんざん他人様に迷惑をかけていたのに……。ルールに従うのを心の底から嫌っていた彼が、なぜ会社では問題を起こさずに働けているのか……。

不思議でしかたなかったので、本人に理由を聞いてみたところ、「ルールに従って働けば、お給料がもらえるから」との返答が。どうやら「ルールを守ることが自分の利益になる」と分かれば従えるようです。