〔PHOTO〕iStock

20代で家を買うなら必ず知っておきたい「贈与税」究極の活用法

子ども・親・祖父母、全員がトクする!

たとえ親子の間とはいえ、年間110万円超の贈与を行った場合には、贈与税の対象になる。贈与税は相続税と並んで、最高税率55%のわが国でも最も税率の高い税金。うかつに贈与するとたいへんなことになりかねない。

しかし、この贈与税には合法的な抜け道がある。

現在は「住宅取得等資金に係る贈与税の非課税枠」という特例が実施されていて、住宅を取得するために、両親や祖父母などの直系尊属から贈与を受けた場合、最大3000万円まで非課税になる。資金的余裕のある家庭なら、これを利用しない手はないだろう。

Photo by iStock

3110万円まで「税金ゼロ」

この特例、実は15年に誕生したものだが、19年10月の消費税増税に対応して、19年4月から非課税枠が3000万円に拡充されている。

消費税増税によって住宅市場が冷え込むのを防止するためで、図表1にあるように、消費税のかからない中古住宅を取得した人などが利用できる非課税枠は最大1200万円に対して、消費税10%で買った人は3000万円になっている。年間の基礎控除枠110万円と合わせて、3110万円まで非課税になるのだ。

非課税枠がないと、3110万円の贈与を受けた場合、基礎控除110万円を除いた3000万円が課税対象で、税額は、

3000万円×0.45(税率)-265万円(控除額)

で1085万円の贈与税がかかってくる。3110万円貰っても、実際に住宅取得に充てられるお金は2025万円に減ってしまう。それが、3110万円丸ごと住宅取得に使えるのだから、おいしい話だ。

 
図表1 住宅取得等資金に係わる贈与税の非課税枠の拡充
※質の高い住宅とは、①省エネルギー性の高い住宅、②耐震性の高い住宅、③バリアフリー性の高い住宅のいずれかを満たす住宅