社会人8年目に突入

働いている会社で、新卒採用が始まった。

創業数年のITベンチャーなので、これまではすべて経験者採用で人材がとられてきたのだが、さらなる拡大のための戦略らしい。

インターンシップの設計から入社後のオリエンテーションまで、担当する同僚たちが頭をひねって進めている様子を見て、そういえば自分も社会に出てから8年も経つのか……と気づいた。

大学院に合格するも、自分が何をやりたいかが全くわからなくなり、家で布団をかぶって自問自答し、院進するのをやめたのが2012年2月のこと。

留年前提で、大手出版社の選考にエントリーする一方、Twitter経由で会いに行った新興ウェブメディア企業の社長から、「え、じゃあうち入りなよ。今年から働いてよ」と言われて内定をもらった。

Image by iStock

急ぎ大学の卒業単位をそろえ、これでバラ色の編集者生活が待っている……と安堵したのもつかの間、「即戦力の編集人材がほしかった会社」と「バイト程度の社会人経験と、並のポテンシャルしか持ってない新卒」の間で大幅なギャップがあることが発覚し、地獄のように怒られる毎日を過ごすことになった。

そんな当時の思い出を反芻していたら、TwitterのDMに「新卒で入った会社から不当に解雇されたが、自分で訴訟し、慰謝料を得た話を聞いてほしい」という連絡が舞い込んだ。現在は別の会社で楽しく働いているという、24歳のBさんに、話を聞いた。