「マスクがない!一体どうしたらいいの!!」
新型コロナウイルスではなく、花粉症罹患者からこんな叫びが聞こえてくる。

今週から徐々に購入できるようになる、品薄は緩和されると言っているが、今さっきほど吉祥寺の駅周辺にあるドラッグストアを数件調べたが、やはりいまだに「品切れ 入荷未定」と書かれている。

しかし、花粉は待ったなしだ。特に今年は、この温暖化でスギは飛散は昨年より8日早く、10年平均よりも14日も早く飛び始めてしまった。さらに、先週の温かさで、飛散量は急速に増えている。新型コロナウイルスの「マスクロス」中、今年の花粉症シーズン、どう対応すればいいのか――。私自身も、ヒノキ、ハウスダスト、猫好きだけど猫アレルギーと、複数のアレルギーを持っている。すでに、鼻がムズムズし出しているが、マスクのストックは残りわずかだ。

新型コロナウイルスによるマスク不足は花粉症罹患者にも深刻な問題だ。photo/iStock

さぁ、この大ピンチをどう乗り切ればいいのか!? アレルギー性鼻炎に詳しい日本医科大学耳鼻咽喉科学教室准教授の後藤穣医師に緊急で話を伺った。