〔PHOTO〕Gettyimages
# 韓国

韓国経済がピンチ…「新型コロナショック」「失業率上昇」のWパンチ

文在寅政権の正念場

いまが正念場

最近の韓国の経済指標をみると、同国経済の先行きが一段と厳しさを増していることがわかる。

中国の新型肺炎などの影響もあり、これまで韓国経済の成長を支えてきた輸出が不安定化している。

それに伴い、韓国の労働市場はかなり深刻な状況を迎えつつある。

今後、中国経済のさらなる減速などで世界経済の不透明要因が増えると、韓国経済にはかなりのショックが加わるだろう。

文在寅政権は正念場を迎えることになりそうだ。

〔PHOTO〕Gettyimages
 

経済の基礎的な条件=ファンダメンタルズの悪化に加え、韓国は新型肺炎の影響にも対応しなければならない。

新型肺炎の感染拡大は、韓国のエレクトロニクス産業の致命的な課題をあぶりだしている。

その他の業界でも、企業業績の悪化懸念が高まっている。

この状況を文大統領がどのように乗り切ることができるか、先行きは見とおしづらい。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら