日本人はどこで「ダイヤモンド・プリンセス号」の対応を間違えたのか

アメリカを怒らせ、世界から非難され
松岡 久蔵 プロフィール

幸い、日本社会も1ヵ月前のようなパニック状態からはかなり落ち着きを取り戻しつつある。政府が乗員・乗客の受け入れを決断しても、宿泊施設などの体制さえきちんと整えれば、世論もむしろ評価するだろう。

福島第一原発事故での旧民主党の事故対応をめぐって、「自民党政権だったら被害は格段に少なかった」という言説がいっとき流布し、自民党の復権につながった面があった。しかし今回の新型コロナウイルスへの対応を見る限り、自民党もそれほど想定外の事態への対応力が強いとは言えない。

 

やはりこれは日本という国家そのものの問題なのだ。事実を虚心坦懐に受け入れ分析する知力と、決めるべき時に決めるリーダーシップがなければ、危機には立ち向かえない。