日本初のコンビニ「セブンイレブン」で最初に売れた「意外な商品」

日本のコンビニ史

1947年5月、豊洲にて

日本フランチャイズチェーン協会が発表した統計によれば、全国のコンビニ店舗数は約5万5600店で、'19年の来客数は延べ174億5871万人にも及ぶ。

コンビニで購入できる品物の種類は年々増加している。軽食や雑誌はもちろん、体調不良になれば薬品を、筆記用具がなければボールペンを、服が不足したらシャツを……。いまや、日常生活における需要は、コンビニでほとんど揃ってしまう。

では、およそ2500種類とも推定される膨大な品数のなかで、最初に購入された商品は何だったのだろうか。

時計の針を、日本のコンビニ史が始まった日時に戻そう。

'74年5月15日、東京都江東区。アメリカで成功した新しい店舗形態を日本でテスト営業する重責を担ったのは、セブン-イレブン1号店である豊洲店である。

グランドオープンを30分後に控えた朝6時30分。あとは、納品が遅れていた菓子を待つだけ。入り口を少しだけ開けて待機していると、ふいに中年の男性が店内を覗き込み、こう言った。

「開いてる? 入ってもいい?」

 

まだ開店前ではあったが、強面風の男性を前に、店長は思わず「どうぞ」と応じてしまう。

店内をじっくりと一周した後、男性客が買ったのは、食品でも飲料でもなく、レジ横に飾ってあった800円のサングラスだった。

Image by iStock

コンビニでサングラスとは少々意外かもしれないが、実はアメリカのコンビニでは売れ筋商品の一つ。その話を聞いた店長が試しに並べてみたところ、晴れてコンビニで購買された商品の第一号となったというわけだ。

ちなみに、その後はこの店舗でサングラスは月に1個売れればいいほうだったようで、今となっては日本のコンビニで販売されている店舗のほうが少ない。

とはいえ、第一号となる客のやや特殊な需要に完璧に応えたわけだ。時代は変われど、痒いところに手が届く便利さは、46年前から変わっていないのである。(森)

『週刊現代』2020年2月15日号より