「人民は激怒…」中国改革派学者が発した檄文「衝撃の中身」

新型肺炎で広がる批判の世論

「激怒する人民はもはや恐れず」

「中国で最も国際的な影響力のある法律学者、清華大学の教授、許章潤先生が書いた最新の文章が微信の様々なグループで広がっています。あなたもおそらくお読みになったでしょう。許先生の文章は、警世の言(社会への警告)と言えるでしょう。ですが、間違いなく自分の身を危うくするものです。友人の皆さんに、許さんと毎日連絡を取り合い、安否を確認し続けてほしいのです。」

 

武漢で発生した新型コロナウイルスの肺炎が拡大を続ける今月初め、北京の友人からメールが届いた。

昨年東京で知り合ったメディア業界のこの友人とは、微信やメールで連絡を取り合っているが、時に政治的にセンシティブな発言をして微信が停止されることもしばしばだ。

許章潤先生はこれまでも何度か本コラムで紹介したが、歯に衣着せぬ発言で知られる自由派知識人、改革派の学者だ。特に一昨年、習近平国家主席が憲法改正により自らの終身制を可能としたことを「毛沢東時代への後退」と厳しく批判し、清華大学から停職処分を受け、現在も活動が大きく制限されている。

許章潤氏、撮影筆者

友人が語った文章は、すでに国内外のメディアも部分的には報じているが「激怒する人民はもはや恐れていない」という題名で、今月初め、ネットで国内外に広がった。

内容は約7000字の長文で、許先生独特の「中国人にも難しい」(友人談)難解な文体だ。

冒頭から「武漢で発生した新型コロナウイルスが全国規模で広がり、人々を恐怖に陥らせ、感染は世界へと広がり、中国は世界の孤島となり、30年余の改革開放で積み重ねてきた開放的な状態は、瞬時に失われた」として、その原因は、「すべてを独占し、何事も(習近平)1人が決める『組織的な秩序喪失』や上のみに責任を負う『制度的無能』、さらに『保江山(共産党が手に入れた天下を守る)』という私的な目的のために国民に苦しみを与える『道徳的堕落』により、天災よりも大きな人災を招いたとして、最高指導者は『無恥極まり』『民心は失われた』」―このような厳しい口調が続く。