槇原敬之さん逮捕で露呈…劣化する「マスコミの罪」

「ダメ。ゼッタイ」ではダメ!
田中 紀子 プロフィール

薬物依存症は、適切な治療や支援につながれば回復できる病気である。

もちろん道のりは簡単ではなく、再発しやすい病気ではあるが、だからこそ止め続けている人たちがモチベーションを持続でき、今苦しんでいる人たちが希望を持てる報道を増やすべきである。

逮捕時ばかりスキャンダラスに取り上げるのではなく、止め続けている人たちがどんな努力をしているのか? 自助グループとはどんなところなのか? 正しい情報が明るく伝わる番組をどこかで作ってほしい。

 

私は某有名ドキュメンタリー番組の企画に、薬物依存症者の回復プロセスを扱って欲しいと持ちこみ、会議にかけてもらったことがあるが、「薬物依存症が回復するということを地上波で扱うことはそぐわない」と回答がきて驚いたことがある。

これだけバッシングが行われ、家族や近所の人を追いかけ回し、「甘い」「一発アウト」「たるんでいる」と、デマや偏見報道を行うことは許されても、「回復の正しい情報を伝える番組は地上波にそぐわない」とテレビマンたちは判断するのだ。

これでは薬物依存に苦しむ人が社会から孤立し、支援につながれるわけもなく、日本の薬物事犯の再犯率が下がらないのもうなずける。

回復者がその経験を語ることこそ説得力があり、リアリティある予防教育ができるのだが、日本のメディアにはその価値がわかっていない。

私たちも声をあげ続けていくが、ぜひ視聴者の方々もスキャンダラスにネガティブな側面ばかりを取り上げるメディアの偏向報道を鵜呑みにしないでいただきたい。