〔PHOTO〕iStock

槇原敬之「2度目の逮捕」で危惧…芸能人の薬物事件を愉しむ人たち

「処罰より治療」という一言に尽きる

槇原敬之逮捕の一報を聞いて

歌手の槇原敬之さんが覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された。

前回の逮捕から20年もたっての再逮捕ということで、改めて薬物の恐ろしさを印象づけることとなった。ほかにも危険ドラッグを所持していたとも報じられている。「世界に一つだけの花」など、国民的ソングライターでもある彼の逮捕に世間は大騒ぎである。

SMAP「世界に一つだけの花」

第一報を聞いてから、私はとても浮かない沈んだ気持ちになっている。なぜだろうと自問してみたが、その原因の1つは、繰り返される著名人の薬物問題に、またワイドショーやニュース番組がこれでもかと大騒ぎするのを予想してしまったからのようだ。

これまで、芸能人が逮捕されるたびに、出演番組の自粛や撮り直し、CDの回収騒ぎがあり、保釈されるときには警察署での謝罪セレモニーがあり、公判ではイラストを交えての詳細な報道があった。そして、今度もまたこれが繰り返されるのかと思うと嫌な気分になったのである。

 

特に、ワイドショーでは、芸能レポーターやコメンテーターたちが、本人の人格を否定したり、「芸能界は薬物に甘い。復帰させてはいけない!」などと「正義感」を盾にバッシングする。

保釈されるときに何秒頭を下げたとか、裏口からで出て行って謝りもしなかったとか、法廷ではこんな表情をしていたとか、どうでもいいことが微に入り細に入りこれでもかと報じられる。