提供:GOOD NATURE STATION

2019年12月、京都・四条河原町にオープンしたGOOD NATURE STATION。人も地球も元気にするモノ・コトが集まるトータルライフスタイル施設には楽しく、おいしく、自然体で健やかな未来をつくるヒントが詰まっていました。

自然体で地球を想う
新しい発想のホテル

都会にいながら自然を感じ、心身ともに健やかになれたら。そんな願いを叶えてくれるスポットが京都・四条河原町に誕生した。GOOD NATURE STATIONはホテルをはじめレストランやカフェ、パティスリー、ビューティーサロン、マーケットなどを含むトータルライフスタイル施設。人も地球も元気にする“GOOD NATURE”をコンセプトに、新しいライフスタイルを発信する。

天然木が清々しい客室。壁には手描きで京都の風景が。絵柄は全室異なる。

4~9階のGOOD NATURE HOTEL KYOTOは全館を通して心と体の心地よさを追求。客室は28~90㎡とゆったりとしたつくりで、建材やインテリアは天然木。また人間の24時間周期の生体リズムに合わせたサーカディアン照明が取り入れられており、設定した時間に合わせて徐々に部屋が明るくなり、すっきり目覚められるという仕掛けも。

ロビーの吹き抜けはアウトドアな中庭。面した客室からも緑を感じられる。

4階ロビーの吹き抜けにある中庭は外の風を感じながらくつろげるスペースで、中庭を囲む壁は緑で覆われている。じつはこの植物の壁、中庭にいる人の目を楽しませるだけではない。中庭に面した客室にはテラスが設けられ、そこから見える風景は緑一色。京都の中心街にいるとは思えない清々しさだ。

Hyssopのシグネチャーはボタニカルドリンク。

そんな中庭のグリーンを感じながら食事やお茶ができる空間がHyssop。ハーブを使ったボタニカルドリンクやヴィーガンメニューが揃い、有機農家から定期的に送られてくるフレッシュなハーブは“季節”そのもの。宿泊プランによってはここで朝食をとれるので、朝の光を浴びながら京都の季節を感じるのも素敵。

客室のシャンプー類は植物由来のオーガニック。〈IKEUCHI ORGANIC〉のオーガニックコットンタオルは肌ざわり柔らかで心地いい。

「人にも、自然にも、良いものを」という願いはアメニティにも込められている。シャンプーやボディソープなどは、丸ごとの植物から抽出した天然成分だけでつくったオリジナルブランド〈NEMOHAMO〉のもの。タオルは最小限の環境負荷でテキスタイルを生み出す〈IKEUCHI ORGANIC〉。その年に採れたオーガニックコットンのみを使った“コットンヌーボー”を採用している。

また「どうしても使い捨てのアメニティが多くなるホテルだからこそ変革を」と決断したのは、使い捨てのプラスチック製ハブラシとヘアブラシの廃止。手持ちがない場合は3階のショッピングフロアGOOD NATURE STUDIOでグッドデザインかつ環境にやさしいアイテムの購入も可能。ほかにもオリジナルのオーガニックコスメや、全国の職人や作家が手がけたクラフトやアクセサリーが揃う。

無農薬レモン農家を訪れ、収穫体験するアクティビティ。生産者からじかに話を聞ける貴重な時間。

注目を集めているのは、ホテルで使う食材を育てる有機農家や無農薬農家を訪れ、季節の野菜や果物の収穫体験などができる館外アクティビティ(有料)。ホテル内のレストランで使われている食材が誰によって、どんなふうにつくられているのか。それを知ってからテーブルに着くと、おいしさも生産者への感謝も断然違う。

さらにホテルでの飲食により出た生ごみはコンポストで堆肥化しているそう。それらは各農家へ送られ、また新しい野菜を育む肥やしとなる。こうしたサイクルをホテルスタッフだけでなく宿泊客も知り、参加すること。“GOOD NATURE”とは自然の恩恵を一方的に享受するのではなく、人間と自然とのより良い関わり方を感じることなのだ。

GOOD NATURE MARKET では、間伐材でつくった菌床で栽培したしいたけ(有機JAS認証)を収穫し購入できる収穫体験販売も。収穫後の菌床は提携農家の肥料となる。

1~3階は宿泊客以外も利用できる施設となっていて、河原町通りに面する1階にあるGOOD NATURE MARKETには、そうした地元産の有機野菜や果物、パンや調味料、自然派ワインなど健康にも地球にもやさしい商品が揃う。マーケット奥にあるERUTANはイタリアで腕をふるっている徳吉洋二シェフが監修したカジュアルダイニング型のレストラン&バーで、その向かいにはアートギャラリーのようなスペースが。

客室のティーセットは清水焼。客室のイメージカラーに合わせて釉薬の色みをセレクト。ホテル内で製造するbean to barのチョコレートも。

じつはここはパティスリー。アートピースのようなスイーツが並び、もちろん購入可能。なかでもチョコレートは専属のショコラティエがカカオ豆の買い付けからチョコレート製造までを一貫して行っているbean to barだ。一部のスイーツは3階のRAU CAFEでも楽しめる。

スタッフの胸には京都の間伐材でつくられたSDGsバッジ。

1泊2日の滞在ではその魅力を味わい尽くせないほど“GOOD NATURE”へのアイデアが詰まった新スポット。「地球にやさしく、健康的に」というのは、多くの人が願うこと。でもその反面、どこかストイックで窮屈なイメージを持つこともある。もしそう感じてしまったら、まずは「自分が楽しく、心地よくいられるにはどうしたらいいんだろう?」と考えてみたらいい。なぜなら、我慢しながら、苦しみながら周囲をよくすることなんて、きっと誰にもできないから。GOOD NATURE STATION での体験は、肩の力を抜いて自然体で、自分と地球のベターな未来を探るヒントをたくさん教えてくれる。

 GOOD NATURE STATION 
京阪グループのビオスタイルが手がけるトータルライフスタイル施設。2019年12月開業。京都府京都市下京区河原町通四条下ル2丁目稲荷町318-6。京阪電車 祇園四条駅徒歩5分、阪急電車 京都河原町駅徒歩2分。各店の営業時間はHPにて。

【お問い合わせ】
GOOD NATURE STATION
☎075-352-3712

            

提供:GOOD NATURE STATION

●情報は、FRaU2020年1月号発売時点のものです。
Photo:Ayumi Yamamoto Edit & Text:Yuriko Kobayashi