スマホ決済ペイペイの「異常な還元率」、どう決まるかご存知ですか

そこには深い理由があった
美崎 栄一郎 プロフィール

最後に勝つのはペイペイか

こうしたギリギリのラインで、キャンペーンを繰りかえしすることで、締め切り効果とお得感の両輪で、消費者の気持ちを購買に向かわせたのです。

Photo by iStock

ソフトバンクとヤフー連合のペイぺイは、後発でした。しかし、結論から申しますと、このキャッシュレス戦国時代は、ペイぺイがその戦いの中心になり、日本のこれからのスマートフォンに関係する通信、決済の覇者へ向けて邁進していくことになっていきます。

これが実はペイぺイ陣営が他社に仕掛けた罠でもあったのです。花王の洗剤が目玉商品で原価割れの値段で提示された話をしましたが、一度お客様は安い値段を見ると、それを基準に考えてしまいます。つまりキャッシュレスのキャンペーンは20%という意識が固定化されました。

 

現在は販売する店からは手数料を1円も取っていませんから、20%分全部赤字です。ペイぺイでは販促費として100億円をあてていたわけですが、軍資金がないと大盤振るまいはできません。

ですが、知名度と利用者を上げなければならない新興キャッシュレス企業は泥沼の各社大幅還元キャンペーンへと突入していくのです。私たち消費者からはありがたい限りなのですが……。