Photo by Gettyimages

ソフトバンク・孫正義さんが教えてくれた「夢」よりも大事なもの

成功の秘密がここにある
誰もが知りたい「幸せになる方法」。実業家から知識人、芸能人まで、3000人以上の著名人にインタビューしてきたブックライターで、著書『人生で一番大切なのに誰も教えてくれない幸せになる技術』を上梓した上阪徹氏は、「幸せの真実」を著名人たちから教わったそう。その中の一人が、ソフトバンク創業者の孫正義さんだ。なぜ彼は、屈指の成功を収めることができたのか? 本人の言葉から、その秘密に迫った。

人はなんのために働くのか

「誰かの役に立てること=幸せ」

Photo by iStock

このことに気づいてから、どうして人が成長していかないといけないのかにも気づけた。

理由はシンプルだ。成長できれば、より大きく役に立てる、それだけ役に立つことが増えていく、自分の喜びも大きくなるからである。

結果を出したい、評価されたい、稼ぎたい、とギラギラしているわけでもないのに、ときどき成長意欲がすこぶる強い人に出会うことがある。

それは成長することがうれしい、楽しいというのも、それだけ大きく役立てるようになるから。それだけ多くの人を喜ばせられるからだ。

取材した人の中には、とんでもなく大きな成功を遂げた人も何人もいた。有名起業家しかりである。「何回、人生を送れるのか」というくらいの資産を持っている人もいた。それでも働き続け、自ら企業を大きく成長させ続けようという人がいるのは、そうすることでさらに世の中の役に立てる、という動機があるからではないか。

 

うまくいっている人ほどよく働く。起業家にしても、「会社内で誰よりも働いている」と語っていた人は少なくない。

単純に「仕事が楽しいから」と言えばそれまでだが、ではなぜ仕事が楽しいのか。

もっと世の中の役に立ちたいという思い。それが最も大きいからではないか。