【スクープ】オスプレイが仙台空港に緊急着陸、露呈した「弱点」

「凍結警告灯」が点灯
半田 滋 プロフィール

自衛隊版オスプレイは、まず今年6月に2機が千葉県の木更津駐屯地に配備されるのを皮切りに、来年3月までに合計5機となり、21年度からは4機ずつ3年間にわたって配備される。防衛省が見込む佐賀空港での受け入れ態勢が整わない限り、合計17機が木更津駐屯地に置かれることになる。

防衛省は、オスプレイが「欠陥機」といわれる理由のひとつである「オートローテーション機能(ローターが停止しても緊急着陸できる機能)がない」との米国の専門家の指摘を否定し、「ある」と説明している。オスプレイの「真の姿」をどこまで見極めたうえで導入を決めたのだろうか。