米アップル、「株価急騰」のウラで怖い「コロナショック」の最大危機

iPhoneは好調、財務戦略もいいが

アップルが実は一兆ドルクラブのトップランナー

先月、グーグルの親会社であるアルファベット(ティッカー:GOOGL)の時価総額が初めて1兆ドル(約110兆円)を超えた。これまでアルファベット以外で時価総額が1兆ドルを超えた米国企業はアップル(ティッカー:AAPL)とマイクロソフト(ティッカー:MS)、そしてアマゾン・ドットコム(ティッカー:AMZN)である。

これら4社がS&P 500株価指数に占める割合は約15%で、その巨大な規模ゆえに相場全体の方向性にも大きな影響を与えている。

中でもアップルの株価は2019年1月のアップルショックの時点では150ドルを割り込んでいたのが、今や倍以上となる300ドルを超える水準まで上昇している。2月7日時点の時価総額は1兆4002億ドルと再び時価総額米トップの座を奪回している。なお、1兆ドル(約110兆円)というと、日本の1年間の国家予算ぐらいであり、そのレベルの企業が米国には4社あると言うことになる。

 

そのアップルが先月末に発表した昨年10~12月(第1四半期:アップルの決算期は9月末)の決算は、「iPhone」の需要が回復したことや「AirPods」(ワイヤレスイヤフォン)などのウェアラブル端末の販売増加が追い風となり、売上高は918億ドル(約10兆円)と市場予想(アナリスト予想平均は884億ドル)を上回り、前年同期比で9%増加した。

ティム・クック最高経営責任者(CEO)は28日、最新アイフォーンに「旺盛な需要」が見られたと述べ、15億台を超える端末ベースが同社の全体的な成長の大きな原動力になっていると指摘した。
(ブルームバーグ2020年1月29日「iPhone需要が回復、アップル10ー12月期売上高が市場予想上回る」)

アップルの決算発表資料からカテゴリー別売上高を見てみよう。「Mac」と「iPad」の売上は前年比で減少している一方、「iPhone」は7.6%増加と好調。さらに「Wearables, Home and Accessories」は約37%の増加、「Service」は約17%増と大幅な伸びを示している。

●アップルのカテゴリー別売上高

好業績を背景にアナリストの投資判断も堅調である。以下の表はアナリスト41人によるアップルの格付けと目標株価を示したものである(2020年2月9日現在)。半年前にはコンセンサスレーティングスコアは2.46、目標株価のコンセンサスは約215ドルであったが、足元ではそれぞれ2.56と約313ドルまで上昇しており、41人のアナリストのうち26人が「買い」のレーティングをしている。

●アップルの格付けと目標株価出所:marketbeat