私たちの祖先が「命がけ」で海を越え、日本列島を目指した理由は?

3万年前の大航海、徹底再現で迫る!
海部 陽介 プロフィール

ホモ・サピエンスの世界拡散に伴い、2つの大異変が起こった。一つは、「人類の多様性が失われた」ということである。すなわち、それまでユーラシア各地には、ジャワ原人、フローレス原人、ルソン原人、ネアンデルタール人など多様な原人や旧人の集団がいて、なかなか賑やかだったのだが、ホモ・サピエンス(=新人)の出現とともに、地球上の人類は我々のみとなった。

過去の人類史においては、異なる地域に異なる種の人類がいる状態のほうがふつうだったのが、そうではない世界が生まれたわけだ。

もう一つの異変は、「人類の分布域が劇的に広がった」ということである。原人や旧人たちは、アフリカとユーラシア大陸の中〜低緯度地域に分布していたが、ホモ・サピエンスはそれを大幅に越えて寒冷地や海洋島にも進出し、やがて全世界に暮らすようになった。

出典:『サピエンス日本上陸 3万年前の大航海』

つまりアフリカで進化した我々ホモ・サピエンスは、多様性と分布範囲において、それまでの人類の歴史を大きく変えてしまったのだ。

さて、ここからが大事なポイントになる。ホモ・サピエンスのアフリカ起源説に従え
ば、ヨーロッパのクロマニョン人はアフリカからやってきた移民だ。つまりヴェゼール渓谷でネアンデルタール人と入れ替わって、洞窟に壁画を描いたのは、アフリカからやってきた移住者たちだったのだ。

そして同じ頃に、アジアやオーストラリア大陸へと移住していった、別のホモ・サピエンスの集団がいた。その子孫たちはさらに移住を続け、やがてアメリカ大陸や太平洋の島々にまで、広がっていった。

出典:『サピエンス日本上陸 3万年前の大航海』

つまり現代の世界各地に暮らす人類集団は、おそらく十数万年前以降にアフリカで分化しはじめ、5万年前頃から急速に世界各地へ散らばっていった遠い兄弟姉妹どうしなのだ。

そしてこのことは、「世界中の現代人が共有している能力は、アフリカにいた旧石器時代の共通祖先に由来する」という、重要な仮説を導く。

アフリカから大拡散した祖先たちは、全世界の現代人が共有する「人間らしさ」の諸要素を、すでに備えていたと予測されるのだ。もしそうでないなら、同じ能力が各地で短期に独立並行的に進化したことになるわけだが、生物進化の原理に照らすと、そういうことはまず起こらない。

開花の「タイミング」が違っただけ

ここで話を芸術に戻そう。芸術は現代の人類社会に普遍的なものだから、それを生み出す基盤的能力は、アフリカにいた共通祖先が備えていたはずだ。

この予測を後押しするように、21世紀に入ってから、アフリカで世界最古の赤色顔料の使用、紋様、装飾品(ビーズ)などの証拠が相次いで報告されるようになった。

 

だんだん、からくりがわかってきた。アフリカから世界へ広がったホモ・サピエンスの集団は、それぞれ芸術を生む能力を備えていたが、それは各地へ散った集団が同じ時期に同じ芸術行為をすることを意味しない。

むしろこの能力の発現は地域や歴史の条件に左右されるもので、だからこそ世界各地に多様な芸術のスタイルが生まれた。