食のスペシャリスト&グルメに精通する識者で構成される「FRaU Foodies」が、今イチオシの料理やスイーツなどをお届けします。今回はフーディーズ初の市場をレコメンド。ご案内いただくのは、俳優の速水もこみちさん! 料理人としての顔も持つ速水さんの推しポイントは如何に!?

見て楽しい、食べて楽しい
金沢駅からも近い“市民の台所”

「2019年は、よく金沢に行きました。1年で4、5回は行ってますよ」

仕事で金沢に来ることが多かった速水さん、その際必ず立ち寄っていたのが「近江町市場」。国内外問わず、さまざまな市場を訪れている速水さんが「ココはキレイ! 若者や女性が行きやすい」と太鼓判を押します。

近江町市場は、約300年の歴史を持つ小売市場。近江商人に由来する名称で、地元民からは「おみちょ」と呼ばれ、親しまれています。また、金沢駅から徒歩15分というアクセスの良さも魅力。地元の買い物客や観光で訪れる人が連日押し寄せています。

「市場らしい魚臭さがなく、風が抜けて気持ちいい。お店の方もみなさん親切で活気もある。すごく品のある市場だと思います」

市場には朝早く行って、グルッと見てまわるという速水さん。小路には、鮮魚店、青果店、精肉店に飲食店と幅広いジャンルのお店約180軒がひしめいています。日本海で獲れた鮮魚に、地元の野菜や果物など、特産物が勢揃い。速水さんはワクワクしながら、食材探しに奔走するそう。

「一番最近行ったときは、カニが解禁のタイミング。売り場にカニがズラーッと並んでいて、圧巻でした。1杯2000〜3000円で売っていれば、5、6杯で同じ価格帯のものもあり様々で驚きました。同じカニでも値段や種類が違いますし、カニを探すだけでも楽しかったですよ」

結局、その日の速水さんの成果はいかがだったのか。聞いてみたところ……。

「カニの他、魚やムール貝などを買いました。あとは野菜。赤カブや紅芯大根といった赤野菜に大きなしいたけ。しいたけが肉厚でジューシーだったので、ステーキにしてバター醤油で食べたら、すごく美味しかったです!」

食材探しの他にも、飲食店でイートインすることもあるという速水さん。特にお気に入りは?

「朝行って食べるのが、回転寿司の『もりもり寿し』さんです。香箱カニの軍艦が印象的でした」

もりもり寿しは石川県発の回転寿司店。金沢市内をはじめとする県内に留まらず、今では全国に展開。近江町店ではオリジナルの「近江町三点盛」があり、その日のイチオシネタを盛り付けてくれます。ある日は、のどぐろ、ガスエビ、カマスで850円。価格は日によって異なるのでお店でご確認を。

店先ではカニコロッケや甘エビのカレーパンを食べたこともあるそう。甘エビのカレーパンは「近江町コロッケ」というお店で販売。スティック状の細長いビジュアルが特徴的です。飲食店だけでも様々あるので、それらをはしごするだけでも十分楽しめます。

前述した金沢駅はもちろんのこと、兼六園や金沢21世紀美術館へもアクセス至便。金沢へ観光に来たならば、必ず立ち寄るべきスポットなのは間違いありません。

近江町市場
石川県金沢市上近江町50
☎076-231-1462
営業時間:9:00〜17:00(店舗により異なる。水曜・日曜・祝日は16:00までの場合あり)
定休日:年始(1月1〜4日。店舗により異なる)

PROFILE

速水もこみち Mocomichi Hayami
1984年8月10日生まれ。ドラマ、映画を中心に活動する俳優。現在、毎週日曜23時35分(関西)、毎週土曜2時30分〜放送中のドラマ『この男は人生最大の過ちです』(朝日放送系)に出演。特技の料理を活かした活動も行い、著書も多数。最新情報は、http://mocomichihayami.jp/をチェック!

       
Illustration:YUGO. Composition:Seiki Ebisu