次にご紹介するのは、昨年オープンした「Poiret Coffee(ポワレコーヒー)」。

韓国のカフェは特徴的なお店が多いですが、こちらもとてもシンプルな店構え。

こじんまりとしたカフェなのかと思いきや、座席数も多くて広々! シンプルな空間にクセのあるインテリアもいい感じ。まさに大人向けのカフェです。

内装は温かみのあるナチュラル系。床とイス、写真奥のカウンターをウッドでリンクさせていて統一感◎。清潔感もあるし、とっても居心地がいい! ひとりで過ごしている方も多かったので、ひとりでも入りやすいと思います。

入り口のガラスドアからも明るい光が入り、開放感があります。

私は定番のアイスラテをいただきました。コーヒーの香りがよく、濃厚で美味しかったです。種類は多くないですがスコーンやクッキーなどのスイーツもありました。

スタッフの方は日本語も話せるようですよ。街散策中に美味しいコーヒーが飲みたくなったらぜひ行ってみてください。

Poiret Coffee
ソウル特別市城東区聖水洞一街13−439
Instagram:@poiretcoffee


\韓国旅行お役立ちプチ情報/
領収証やおしぼりが欲しいときは…?
「〇〇をください」=『〇〇チュセヨ』

友人との旅行中、タクシー代や飲食代などを割り勘にすることが多く、後でまとめて精算ということもありますよね? その際に領収証やレシートが必要になってきます。お釣りと一緒にレシートを渡してくれるのは日本では当たり前のような光景ですが、韓国ではそうでないことの方が多い。飲食店でのおしぼりもそのひとつで、言わないともらえないことが多いです。(おしぼりは有料の場合もあるので事前確認したほうがよいと思います)

そんなときに便利なフレーズが「〇〇ください」という意味の「〇〇チュセヨ」。ご存知の方も多いかと思いますが、何かほしいときに積極的に使ってみてください。韓国語で、領収書は「ヨンスジュン」おしぼりは「ムルティシュ」レジ袋は「ポントゥ」割り箸は「ナムチョッカラッ」スプーンは「スッカラッ」です。


※掲載している情報は、2020年2月時点のものです。メニューや価格、店舗情報など変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。