米大統領選史上最悪のミス!? アイオワ大混乱の現場で何があったか

ルポ 2020年米大統領選
渡辺 将人 プロフィール

トランプはなぜアイオワを擁護したか

しかし、出演する政治関係者は超党派で擁護派と批判派に割れる。

アイオワ擁護派は、過去に「アイオワ伝説」で勝利した候補、大統領の関係者だ。

民主党ではカーター、オバマ。特にオバマはアイオワに全資源を賭け、「アイオワで勝てなければ降りる」背水の陣だった。「アイオワ勝利の夜のほうが大統領に当選した夜よりもパワフルな夜だった」とオバマ自身が、2月1日に民主党支持者向けに一斉メールで回顧コメントを出したほどだ。

共和党の擁護派はアイオワ勝利で大統領になれたブッシュ親子のほかキリスト教右派だ。

アイオワ西部は福音派の大票田である。キリスト教右派候補は大統領選で勝利できなくても、キリスト教右派候補がアイオワで勝利すれば存在感とアジェンダを全米に示せる。だから福音派はアイオワが1州目のままであって欲しいのだ。

無党派を遠ざけ保守的で熱心な人しか参加しない党員集会方式も右派には好都合だ。だから他州の共和党保守派も静かに党員集会方式を擁護する。

福音派に足を向けて寝られないトランプはすかさず「自分が大統領でいる間は、アイオワとニューハンプシャーが現在の地位から動かされることはない」、アイオワ党員集会は「素晴らしい伝統だ!」と擁護ツイートをした。

トランプのアイオワ擁護発言で、共和党的には「撃ち方やめ」となった。熱心に批判していたのはCNNやMSNBCなどのリベラルメディアだ。

 

なぜアイオワ批判が加熱したか

アイオワ批判派は、アイオワのせいで苦労した候補や大統領関係者だ。民主党ではクリントン一派である。

ビル・クリントンは1992年の党員集会で惨敗。地元のハーキン上院議員が出馬して根こそぎ地元票を獲得し、クリントンは歯が立たなかった。

夫人のヒラリーも2008年にオバマに惨敗。2016年には辛勝したもののサンダース陣営に不正勝利となじられた。アイオワに夫妻がいい印象を持つはずがない。期日前投票ができずプライバシーも保たれないアイオワの制度も批判してきた。

そして最大の批判集団は他州とマイノリティである。