photo by Getty Images

ヤフー・アスクル騒動、ここへきて「火中の栗を拾った人」たちの事情

「アスクル・モデル」がもたらす衝撃度

「アスクル・モデル」登場

2019年8月の株主総会で、大株主のヤフー(現・Zホールディングス)に現職の社長だった岩田彰一郎氏の再任を拒否されたアスクル。ヤフーは返す刀で独立社外取締役3人もクビにし、同社には社外取締役がいない状態が続いてきた。

その社外取締役を決める暫定の「指名・報酬委員会」(委員長、國廣正弁護士)がようやく候補者4人の選定を終え、3月13日に開くアスクルの臨時株主総会に提案することになった。

Photo by gettyimages

候補者に選ばれたのは、弁護士で多くの企業の社外取締役を務めてきた市毛由美子氏、医薬品のインターネット販売会社ケンコーコム(現・楽天)を創業し代表を務めた後藤玄利氏、麗澤大学教授でコーポレートガバナンスに詳しい高巌氏、石川島播磨重工業(現・IHI)で副社長を務めた塚原一男氏の4人。

昨年9月に國廣弁護士が委員長を引き受けるに当たって、「アスクル側でもヤフー側でもなく、市場のため、アスクルの企業価値を上げるために相応しい候補者を探す」と宣言。アスクル、ヤフーの両社がそれを受けて入れていたといい、候補者選びに両社は関与しなかったという。

 

候補者を選ぶ過程で打診をすると、「火中の栗を拾うのは」と尻込みする人もいたという。12月前半に4人に候補を絞ってから発表するまでの間に、アスクルの経営陣やZホールディングスの経営陣、同じく大株主のプラスの経営陣と対話を重ね、前回の株主総会で社外取締役への再任が否決された斉藤惇・日本取引所グループ前CEO(最高経営責任者)らとも意見交換するなど、「徹底的に議論を重ねてきた」(國廣弁護士)という。

もちろん、4人とも過去にアスクルやZホールディングスなどとの関係はないほか、4人どうしにもつながりはないという徹底した「独立性」を重視したという。