ほんの些細な言動で取り返しのつかないことに…〔photo iStock〕
# 介護

田舎の親の「老々介護」で大失敗した50代サラリーマンのヤバい末路

最悪の場合、親子で「共倒れ」する…!

「田舎の老親の介護問題」に直面する人たち

地方出身者にとって、遠方で暮らす田舎の老親のことは気がかりの種でしょう。

遠距離の親が老いていくにつれてどんどん新たな問題が…〔photo〕iStock

久しぶりに帰省して顔を合わせると「あっちが痛い。こっちが痛い」「そろそろ、お迎えが……」とネガティブなことばかり口にする親もいます。

私は90年代から介護の現場を取材し、そのリアルな現実や有益な情報を執筆や講演、NPO活動を通して紹介していますが、少子高齢化が進む日本全国でこうした「田舎の老親の介護問題」に直面する人たちが年々増えていると感じています。

九州生まれ、九州育ちのミチオさん(50代、仮名)もいままさにそんな老親問題に悩まされている1人です。

 

ミチオさんが進学がきっかけに東京に出て来て30年近くが過ぎたいま、気になっているのは、福岡県の実家で暮らす80代の両親のこと。そろそろ「介護」が現実のことになるのでは……、と恐れていたところ、本当にそのときが来てしまったのです。

ミチオさんは、東京都内で妻と大学生の長男との3人暮らしです。ミチオさんには弟がいますが、弟は婿養子となり妻の姓を名乗っているため、「いずれ、僕が親の介護を担うことになる」と覚悟はあったそうですが……。

2019年秋、事件は起こりました。