TBSチャンネルHPより

『3年B組金八先生』第6シーズンはLGBTドラマの金字塔である

このドラマから社会の流れは変わった

大当たりした『おっさんずラブ』

ここ数年、LGBTの人たちを描くドラマが増えたのは知られている通り。どうしてだろう。

それを考えてみる前に、まずは近年のLGBTの人たちのドラマを簡単に振り返ってみたい。2016年にまずコミカルな単発ドラマとして放送されたのが、『おっさんずラブ』(テレビ朝日)。男性同士のオフィスラブ物語だ。主人公は田中圭(35)で、彼に恋する上司が吉田鋼太郎(61)。大当たりしたため、2018年と2019年に連続ドラマ化され、映画にもなった。

テレビ朝日『おっさんずラブ』HPより
 

2018年に高い評価を得たのが、NHKのBSプレミアムで放送された『弟の夫』。生真面目な主人公・弥一(佐藤隆太、39)のところに、死んだ双子の弟の結婚相手だったマイク(把瑠都、35)が訪ねてくるところから物語は始まった。マイクはカナダから来日した。カナダでは同性婚が認められているのだ。

小学校3年生になる弥一の娘は、大人と違って偏見がないので、マイクとすぐ仲良しになる。しかし弥一はなかなか打ち解けられない。だが、マイクは誠実な好人物だった。そうであるなら、受け入れない理由などないと弥一は気づき、義兄と義弟の関係になってゆく。ジェンダー(性別)問題を考えさせただけでなく、「人を評価する上で大切なものは何か?」と、問い掛けられているような作品だった。

同じ2018年、NHK総合で放送されたのが『女子的生活』。ヒロイン・みき(志尊淳、24)は、かわいい女子的な生活に憧れ、地方から神戸に出てきて、OLになる。外観は女性。だが、トランスジェンダー(心と体の性が一致しない人)で、恋愛対象は女性。ジェンダーとは何か。それを見る側に問い続けた。