photo by KANASHIRO NYANKO。

元・引きこもりが立ち上げた発達障害の「当事者会」に参加してみた!

「ワークショップ」体験のマンガ・ルポ
当事者会とは、病気や障害などの困難を抱える人たちが、互助のため自発的に集まってつくるグループのこと。発達障害の分野にも存在しますが、彼らは集まって何をやっているのでしょう? 個性的な活動を展開している当事者会「イイトコサガシ」を、著者がマンガでルポします。
【写真】ワークショップとは?ワークショップって知っている? photo by gettyimages

発達障害の「当事者会」って聞いたことある?

こんにちは! 漫画家のかなしろにゃんこ。です。

みなさんは発達障害の「当事者会」って知ってますか? かんたんに言うと、発達障害がある人たちが集まって意見交換や交流をする場のことだそうです。

そんな会が全国にいくつあるのか、正確な数はつかみにくいのですが、厚生労働省の補助で行われたある調査では、96グループが対象となり、そのうち66通の回答が得られたそうです(一般社団法人発達・精神サポートネットワーク「発達障害者の当事者同士の活動支援の在り方に関する調査報告書」[2017年]より)。

つまり、100もない、という感じのよう。「たくさんある」とは言えないのが現実みたいですが、最近は当事者会同士でネットワークを作って政策提言を模索したり、発達障害が原因で起こったとされる事件について声明文を出したりと、その活動が注目を集めています。

それにしても、当事者会の内部ではどんなことをしてるんでしょう。気になりませんか? 今回は、私がハマった発達障害当事者会〈イイトコサガシのコミュニケーション・ワークショップ〉の活動を、ちょっとだけレポートしちゃいます!

引きこもりから復帰してワークショップを1000回開催

「イイトコサガシ」の代表は冠地情(かんち・じょう)さん。ADHDとアスペルガー症候群の混合型と診断されている、発達障害の当事者です。10代・20代・30代のそれぞれで計1回ずつ、合計8年間「引きこもり」だったという冠地さん。かつて広告代理店などで勤めた経験もあるとのことですが、仕事は続かなかったそうです。

【マンガ】苦手だけど、誰かと話したがっている当事者との出会いがきっかけ
  「会話が苦手だけど、誰かと話したがっている」当事者との出会いがきっかけ 『発達障害の人の会話力がぐんぐん伸びる アイスブレイク&ワークショップ』より

当事者会を立ち上げようと思ったのは、ある会合で「会話が苦手だけど、誰かと話したがっている」当事者と出会ったことがきっかけだったそうです。

〈僕が楽しくコミュニケーションできる枠組みを創るしかない!〉

そう思い立った彼は、演劇の世界でよく行われるワークショップ(=参加型の体験講座)のノウハウから想を得て試行錯誤を重ね、2009年に「イイトコサガシ」を創りました。