「いい男」づくりは社会貢献

このエピソードをフランスに長く住んでいた知り合いの日本人男性に話したら、こんなことを教えてくれた。フランスでは、大人の女性が年下の男性を食事に連れている光景がよく見られるという。そのときその女性は男性に、女性とデートをするときのイロハを教えているのだそうだ。「いい男」を世の中にひとりでも増やすことで、女性が幸せになる。女性が幸せになれば、社会がより豊かになる、と。「一種の社会貢献のようなものですね」とその知り合いの男性は言った。

〔PHOTO〕iStock

その「いい男」教育の最初の一歩が、母と息子の対話なのだろう。

息子とはいまだに恋バナができていないが、まずは夫に「キレイだね」と毎日言わせるところから始めてみようか……もっと無理か。