Photo by iStock

中国の「国営ハッカー」に、日本一のセキュリティ企業が丸裸の衝撃

あなたのPCも毎日3500回攻撃されている

中国によるサイバー攻撃が深刻さを増している。手口が日々進化し、攻撃対象も拡大するなか、ついにセキュリティのトップ企業・三菱電機まで被害にあった。あなたの情報も既に、彼らの手中にある。

 

中国の国営ハッカーたち

「弊社が24時間体制でサイバー攻撃の兆候を監視する約1000社の顧客には、不正侵入の検知システムが設けられ、全体で、一日に25億件もの警報が上がります。

経産省の発表では、日本のセキュリティエンジニアは約19万人も不足しており、火事は燃え広がっているのに、消防士が足りないような状態です」(情報セキュリティ会社ラックの広報担当者)

1月20日、三菱電機は外部からのサイバー攻撃により、従業員や採用応募者、グループ企業の退職者など約8000人分の個人情報が流出した可能性があると発表した。

Photo by GettyImages

攻撃元は特定されていないが、中国系の「Tick(ティック)」と呼ばれる組織など複数の中国人ハッカーグループによる犯行だと見られている。

流出した可能性があるデータは最大約200メガバイトにも及び、取引先である内閣府や防衛省、原子力規制委員会、電力会社などとのメールの中身や添付された見積書なども含まれるという。

三菱電機は、セキュリティに関しては日本最強の一翼を担う存在だ。原子力発電所や航空機の管制システムなど国家の社会インフラに関する事業に携わり、他社のセキュリティ対策も請け負う。