「まさに通訳泣かせ」小泉純一郎元総理の「名言」と驚きのアドリブ力

総理通訳が語る外国語習得のコツ
中川 浩一 プロフィール

外国語の習得に「ネイティブ脳」は不要!

先に述べたように、私は、外務省に入って、24歳からアラビア語を始めました。あのミミズの這ったような字を書く練習と、「あいうえお」の発音練習からスタートしたのです。そんな私に、アラビア語の「ネイティブ脳」などあろうはずがありません。それでも、アラビア語で総理大臣の通訳を務めるレベルにまで達することができました。最終的には、アラビア語をネイティヴのように自由に操れるようになったのです。

その学習法をお伝えすれば、現在、語学に悩んでいる人も、必ずやネイティブのように話せるようになるはず、と考えて書いたのが、この『総理通訳の外国語勉強法』です。

 

私は、エジプトでのアラビア語研修中に、「ネイティヴ脳」がない中で、プレゼン(アウトプット)を毎日しなければならない過酷な環境に置かれました。もし、明日、習い始めたばかりの外国語でプレゼンしなさいと言われたら、あなたはどうしますか? 何がいちばん効率的な対処法だと思いますか。何もわからない外国語のテキストをただ見るだけで話せるようになるでしょうか。

そうではなくて、「ネイティヴ脳」がない日本人は、話す内容を日本語で考えることから始めるのではないでしょうか。そして、それをなんとか辞書や参考書などで調べて外国語に置き換えて話すのではないでしょうか。

外国語学習は、とにかく「アウトプット」から

当時の私は、まさにそんな状況でした。

このように追い込まれた環境は、私に、まず日本語で何を話すのか(アウトプット)を考え、それと同じ意味の外国語の単語、表現、文章を辞書や参考書で調べ、インプットして直ちにそれをアウトプットする勉強法を確立させました。

皆さんが受験英語で学習してきたインプットありきの方法とは、まったく逆の方法です。

しかし、結果的にこのスタイルが大成功で、私のスピーキング能力は飛躍的に伸びていったのです。

そして、これは、英語を含む全語学に通じます。

英語を本当に話せるようになりたい人は、この発想で英語もやり直すべきなのです。英語学習においても、私のアラビア語のようにゼロから、そして「日本語脳」から始めれば良いのです。

そのためには、とにかく「アウトプット」から入ることが重要です。つまり、何を話すのか(アウトプット)を「日本語」で考え、それに見合う「インプット」だけを行っていく。そして、インプットしたら、直ちにアウトプットする。何も人前でやる必要はなく、自分ひとりで声に出したり、紙に書いたりするだけでも、最初は十分です。

これを心掛ければ、あなたの外国語学習は、これまでのようなインプットありきの「受け身」の学習ではない、発信型の「攻め」の勉強法に変わっていくはずです。