〔photo〕優里被告と結愛ちゃん。地元・香川県の海岸にて
# 事件

目黒区虐待死事件、「もうおねがいゆるして」反省文は母娘共作だった

母・優里が書いた「獄中手記」の中身
2018年3月東京都目黒区のアパートで、当時5歳の少女・結愛ちゃんが命息絶えた。十分な食事を与えられておらず、父親から暴力を受けていたことによる衰弱死だった。父親とともに逮捕され、第一審で8年の実刑判決を下されたのが母親・優里(27歳)である。

なぜ、夫の暴力を止めることができなかったのか、なぜ、やせ衰えた娘を病院に連れていけなかったのか、なぜ、誰にも助けを求めなかったのか…そうした疑問に自ら答えた『結愛へ 目黒区虐待死事件 母の獄中手記』がこのたび上梓された。手記から浮かびあがる事実とは何か。同事件を取材し、獄中の優里被告と面会を重ねてきたジャーナリスト杉山春氏が解説する。

被害者ではなく加害者で

優里は、小さな部屋の、透明な仕切り板の向こうにグレーのスエットの上下を着て、黒髪は真ん中で分けてきれいに切りそろえられ、座っている。法廷で黒いパンツスーツで座っていた時よりも、少し幼く見える。

「私は無知で、被害者ではなく加害者で……。言い訳に聞こえたら困ります。でも、結愛のことを生かしてあげたい。そんなふうに思って、できるだけ起きたことをお話ししたいと思いました」

 

頭のてっぺんに、短い髪がツンツンと立っている。逮捕後の精神状態が悪化していた頃、頭頂部の髪を無意識に抜いてしまう症状があったそうだ。その部分の髪が少し伸び始めているのかもしれない。

それにしても、化粧っ気がないので、どこにでもいる、素朴で可愛らしい若いお母さんにしか見えない。そんな彼女が、なぜ社会を騒がす存在になってしまったのか。