Photo by Gettyimages

シュプリームとナイキだけが「フリマアプリ」でバカ売れする理由

楽天「ラクマ」意外な売れ筋トレンドは

2018年、楽天が運営するフリマアプリ「ラクマ」のブランド別取引件数ランキングに“異変”が起こった。Supreme(シュプリーム)とNIKE(ナイキ)のストリートブランドが1位、2位に急上昇したのだ。続く2019年もNIKEが1位、Supremeが2位とトップを独占。まさにラクマにおける「2強」ブランドとして君臨している。

1990年代から2000年代初頭にかけて若者を虜にしたストリートファッションが、近年、世界的なリバイバルブームに沸いている。とはいうものの、この2つのブランドがラクマ上で目立った動きをするようになったのは、ここ2年ほどの現象なのだ。

その躍進の背景には何があるのだろうか。楽天株式会社でラクマの広報を担当するC2C事業部・アシスタントマネージャーの永里元気氏に疑問をぶつけてみると、意外なユーザー層の存在と、ファッションアイテムの取引における新たなトレンドがみえてきた。

取材・文/堀尾大悟

フリルと旧ラクマ統合後に起きた変化

Supremeといえば、かつて2000年代初頭のストリートブームを彩ったスケートボードブランド。ここ数年はルイ・ヴィトンなどラグジュアリーブランドとのコラボや、海外セレブやアーティストを起用するブランド戦略などで、ストリートの域を超えて絶大な人気を誇っている。

NIKEについては言うまでもないスポーツのトップブランドで、近年では90年代のハイテクスニーカーブームが再燃。2019年12月にはディオールとのコラボモデル「エア ジョーダン1 HIGH OG DIOR」を発表するなど、世界的なスニーカー人気の中で話題を提供し続けている。

 

このように、SupremeとNIKEが昨今のストリートブームをけん引する存在であることは確かである。

Photo by Gettyimages

しかし、2017年以前のラクマではSNIDEL、INGNI、LOWRYS FARMなどのレディースブランドや、ZARA、UNIQLOなどファストファッションブランドがランキングの常連。それまではNIKEはトップ10の下位、Supremeにいたっては、トップ10にすら顔を出していない。2ブランドのランクインは2018年に突如として起こった現象なのだ。

これには、2018年2月に楽天内で「フリル」と旧「ラクマ」の両フリマアプリがサービス統合したことが大きく影響している。フリルでは女性をメインターゲットとしていたことから、2017年以前のランキングはレディースブランドが中心となっているのだ。